調剤薬局の便秘に関する解説するサイト

便秘は万病を招く

便秘は腸内に便が長時間に渡って留まっている状態です。そのまま放っておくと、便が腸内で腐敗して有害物質を作り出します。もともと腸内には善玉菌と悪玉菌がおり、その2つがバランスよく保たれています。しかし腸内で便が腐敗することによって悪玉菌が増えていき、病気を引き起こす原因となってしまうのです。その1つに大腸がんがあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

便秘からがんにつながると考えている人はあまりいないでしょう。大腸がんは進行がゆっくりで転移もあまり見られないがんです。早期発見できれば完治できるのですが、ただの便秘だと思ってずっと放っておくのはとても危険です。イレウスと呼ばれる病気もあります。イレウスは腸管の通過が順調にできない状態です。細かく見ていくと、腸炎や大腸がん、外傷などで腸管が癒着し閉塞してしまう単純性イレウスや腸管が壊死指定可能性のある複雑性イレウスがあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

これは血管の血行不全が原因で壊死が起こります。単純性イレウスに比べ症状は重く、腹痛や嘔吐を繰り返します。また、腸管壁の筋や神経が何らかの影響を受けて腸管運動が麻痺して動かない状態を麻痺性イレウスといいます。子宮外妊娠や膿性腹膜炎、がん性腹膜炎などが影響していると言われています。痙攣性イレウスという病気もあり、腸管の一部が痙攣を起こします。原因はニコチンやモルヒネ、神経性による影響が考えられます。

 

薬剤師国家試験